たかさき歯科

0197-47-4182 交通アクセス・お問合せ

大人の歯科

一般歯科

むし歯治療から歯周病などの歯ぐきの病気、
親知らずや抜歯に関すること、入れ歯のお悩み、見た目がきになる……など、
患者様一人ひとりに合った治療をご提案致します。

むし歯とは

つめる・かぶせる・歯の根っこ(神経)の処置などむし歯の進行状況にあわせて治療方法を選択し適切な処置をおこないおます。むし歯かどうかわからないけど、時々痛い、たまにしみるといった症状の方もご相談ください。

設備紹介ページへ

 

治療方法

つめる治療
銀歯を白い詰め物に変えたい
浅いむし歯は、むし歯をとった後に白い樹脂をつめることで治療できます。
型取りしてつめる治療
銀歯を白い詰め物に変えたい
むし歯が歯の奥まで達している場合の治療です。
麻酔をし、むし歯を取ります。その後につめ物を型取りして製作したものをつめることで治療する方法があります。
かぶせる治療
銀歯を白い詰め物に変えたい
むし歯が神経にまで達している場合、歯の中を綺麗に清掃し、薬を入れて蓋をします。
歯の土台を入れ、かぶせ物をします。
むし歯が重度に進行している場合、なるべく神経の保存を考えた治療を行なっていますが、抜髄(神経を取る処置)以外の治療は難しくなってくるので、早めのご来院をお勧めします。

 

歯ぐきの治療

30代以上の日本人の80%以上が歯ぐきの病気、歯周病にかかっているとも言われています。症状や進行に合わせ、歯周病治療をおこないます。進行が進んでいる場合には回数を重ねて処置していきます。歯の周りや歯ぐきの中(麻酔を使用して行います)の歯周病の原因となる汚れ(単なる汚れではなく歯周病菌の塊)を専用の器械で除去していきます。また、歯周病以外にも歯ぐき腫れや違和感は歯の根っこの先の病巣が原因で感じることも多くあり、その場合は根管治療といって歯の根の治療を行います。

予防歯科

「むし歯や歯周病が深刻になってしまう前に たかさき歯科では予防歯科にチカラをいれています

入れ歯

歯を失ってしまった方へ噛む機能・話す機能などを回復するためにお作りします。自然な噛み合わせや体質などにも配慮し、人口歯の本数によって数回、治療回数を重ね、出来る限り違和感を感じにくい入れ歯をお作りします。また作成後の「入れ歯の調整」も作成と同じくらい大切です。実際に使用してから感じる違和感やお痛みなど調整を重ねることでご自身のお口にさらに合うようになっていきます。

親知らず

親知らずや埋伏歯は骨の中に完全に埋まっている場合やしっかりと他の歯と同じようにしっかり生えそろっている問題は少ないのですが、口内に露出した場合、少しだけ露出した場合、汚れがたまりやすく、むし歯や歯ぐきの病気の発生源となり痛みを伴う場合があります。また痛みがない場合も周囲の歯や歯ぐきに悪影響を与えると判断した場合は抜歯をおすすめすることもあります。

審美歯科

見た目をよくするだけの治療ではなく、
歯並び・噛み合わせを考慮し、
機能性も重視した審美歯科治療を行います。

歯の見た目がきになる、歯の見た目に悩んでいる方へ、保険外の治療のご案内もしております。まずは相談だけしてみたい、金額だけ知りたい……という方もお気軽にご相談下さい。

  • 差し歯の見栄えが気になる
  • 前歯のすき間が気になる
  • 銀歯を白い詰め物に変えたい

子どもの歯科

子どもの頃に嫌な思いをしてしまうと、大人になっても「怖い!行きたくない!」という感情を引きずってしまいます。

 

当院では、お子様の気持ちに寄り添った治療で、優しく丁寧な治療を心がけています。

 

上に戻る